レシピ紹介と庭の花の写真など、載せてます。


by Lorikeets
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:お酒( 4 )

餅米からつくる マレー風どぶろくを仕込んでから
だいぶ経った。寒い時期に掛かってしまったせいか
初回作った時よりも熟成が遅い様な気がします。

4月の頭には一応完成の日付でしたが、味見をすると
まだ味が若い(まろやかさに欠ける)ようだった。
a0159885_18274527.jpg


ポンプを使って上澄み液のみを飲用にするとのことです。
下はボトルに詰めたもの。6月頭の写真です。
a0159885_1830243.jpg


餅米2kg、砂糖2kgの分量で、瓶詰めにした量は 2.5L。
果実酒用の入れ物にまだ、酒粕沈殿物と共に残っている分
もあるので、最終量はおよそ3L。

多分日本のどぶろくとの違いは、冷やして飲むところ、と
何回も漉して上澄み液のみを飲むところではないかと思います。
少なくとも私の祖母のつくったどぶろくは濁っていて、
常温で飲んでいたはずです。

今回ネットで再検索をしたところ、イーストは
マレー/インドネシアのラギ(Ragi)にこだわりましたが、中国で使う
酒餅というイーストを使用しているマレーシア人が
いるという情報です。

次回は是非ジォビン(酒餅)イーストを使って作ってみようと
思います。

味見は19日デリシャスガーデン会にもっていき評をうかがって
こようと思います。
[PR]
by Lorikeets | 2011-06-11 19:02 | お酒
2週間経った。砂糖を入れる時がきた。

先につくってあった、餅米を見ると、結構水が出ている。
発酵が進んでいる証拠なので いい調子と見れる。
a0159885_22144992.jpg


置き場所は写真のような外ではなく、室内直射日光のあたらない場所です。

2kgの白砂糖を2Lの水で煮て、シロップをつくる。
それを入れて、おたまで混ぜました。
a0159885_2219462.jpg


イーストがこの甘みを糧に働き、アルコール分を排出してくれるのを
あと6週間待つ。

3月27日にまた報告します。
[PR]
by Lorikeets | 2011-02-14 22:22 | お酒

マレー風どぶろく Tuak

今日の酒造り、2つ目は 東マレーシアの伝統家庭醸造酒 トゥアック。

日本でどぶろくを作っていた訳ではありません!
インドネシアの伝統おやつ、日本の甘酒味がする”タパイ”が好きで、
甘酒も好きだけど手に入りづらいから、タパイを作ろうと
ある日思い立った。

いろいろの検索結果、無い材料はインドネシア風イーストだけと判明。
ある日アジアングローサーでこんなものを ついに見つけた。
a0159885_20322978.jpg


イーストは発酵食品なのに、タパイ完成予定の2、3日後というのを
大幅にすぎてしまい失敗かと思いきや そのまま続ければ
お酒になると さらなる調べで分かったのです。

出来は米(こめ)文化で育った者の口にはとても合うだろう、と。
上々の上がりでしたよ。

早速作り方を紹介。今回2回目は量を増やし2kg(1升4合)の米を使用。

餅米 2kg
イースト(ragi) 3片 (写真参照のこと)

(1)米を炊き、冷ます。
(2)イーストをすり鉢などで砕き、粉状にする。
(3)イーストを米の上に均等に振りかけ、しゃもじで混ぜる。
(4)入れ物にいれ、ふたをする(密封でなくてよい)

2週間待つ。

次回までに白砂糖2kgを用意しておく。
a0159885_20404136.jpg


写真の風車は旧正月のお飾りです。
2週間後に砂糖を投入、さらに6週間、プラス1週間の待機が必要です。

今回は友人SさんとNさんの勧めで、いわゆる酒粕も捨てないで
料理その他に使ってみる予定です。
[PR]
by Lorikeets | 2011-01-30 20:59 | お酒

果実酒作りー柑橘系

果実酒づくり3回目。本日は友人と一緒につくりましたので、分量など
記録したいと思います。

ウォッカ Vodka 700ml
レモン/ライム 400g
氷砂糖 Rock Sugar 400g
広口瓶 *Food Storage Canister、ガラス製、ねじり締の蓋
口直径11cm、高さ21cmを Safewayで 7㌦で購入。

(1)レモン/ライムの皮をピーラー等で剥き取っておく。
果肉の白い部分はできるだけ切り捨てる。

(2)実を適当に切り、レモン8割、ライム2割くらい
で皮もちょっと入れ 合計400gになるように準備する。

(3)氷砂糖を広口瓶に入れ、果物を入れ、最後にお酒を注ぐ。

(4)5日から7日後に果物の皮を取り出すまで 待つ。

a0159885_20224236.jpg


氷砂糖はじょじょに溶けてゆくので
たまに瓶を持って 揺すってまぜるといいと思います。

友人のNさんは なんと レモン/ポメロという 斬新的で
美味しそうなミックスをこさえていました。

今回私はライムを使用しましたが、前回2回はレモン8割
グレープフルーツ2割で漬けたのです。それもとてもおいしいです。

ライムの味がでるか?ポメロは一体どうでてくるのか?
味見はまだもうちょっと先ですが、楽しみ〜!! 

とりあえず1週間。
[PR]
by Lorikeets | 2011-01-30 20:14 | お酒