レシピ紹介と庭の花の写真など、載せてます。


by Lorikeets
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:デザート( 15 )

a0159885_2395177.jpg


材料:
* 1/2 カップ (120g)無塩バター
* 1/2 カップ (100g) 砂糖 raw sugar, 70−80gくらいまで好みで減らしても。
* 1/2 カップ (100g)黒砂糖 dark brown sugar、70−80gくらいまで減らしても。
* 1個 卵
* 小さじ1 バニラエッセンス

* 1 &1/2カップ (320g) レンズ豆をフードプロセサーで粉にしたもの
* 小さじ1/4 ベーキングパウダー
* 小さじ1/8 重曹 baking soda
* 少々 塩
* 1/2カップ (100g) チョコレートチップ

作り方:
1) オーブンを180度に温めておく。

2) バター、砂糖2種類をフードプロセサーなどでよく混ぜる。

3) 卵とバニラエッセンスを入れ さらに滑らかになるまで混ぜる。

4) 粉類を全て 加え入れ、混ぜる。チョコチップも入れる。

5)大さじ1ほどの生地を丸めて、オーブントレーに並べる。30個程度できる。
焼くと多少膨らむため、隙間を空けて並べること。

5) オーブンに入れ10分ほど焼く。焼きすぎに注意!

6) 少し端の方に焼き色がつく程度で 出来上がり。取り出した後はそのままトレーの上で
5−10分ほど休ませてから、フライ返しなどで形を崩さないようにワイヤーラックの上に
移動させ、完全に冷めるまで置く。

7) 密封容器で保存。2、3日中に食べることをお勧めします。小麦粉のクッキーに比べ
硬くなりやすいため。
[PR]
by Lorikeets | 2016-07-25 23:15 | デザート

ズッキーニ ケーキ

a0159885_228131.jpg

材料:
- ズッキーニ、450g, フードプロセサーでみじん切り
- エクストラ バージン オリーブ オイル 180g
- 砂糖 350g *注) 私は黒砂糖を250g 使用しました
- 卵 3個
- セルフレイジングフラワー 300g(または中力粉にベーキングパウダー小2)
- 重曹 小さじ1
- シナモンパウダー 小さじ1.5 *注)私は小さじ3使用
- ナツメグパウダー 小さじ1
- 塩 小さじ1
- くるみ 160g、刻む

作り方:
1。オーブンを180度に温め、9cmx18cmのローフパン2つに油を塗り紙を敷いておく。

2。ズッキーニをフードプロセサーで撹拌するか、おろし金にかける。

3。オリーブ油、砂糖、卵を混ぜる。

4。残りの材料を入れ、さらに混ぜ合わせる。

5。用意しておいた型に注ぎ、75−90分程度焼く。
[PR]
by Lorikeets | 2015-03-22 22:09 | デザート
もとレシピは 私のお気に入りの allrecipe.comのなかから選択、
こちらです。
a0159885_1733323.jpg

材料をそのまま作ると18個分ですが、12個穴が空いている 
マフィン用ベーキングトレイが標準なので、換算した量を記載します。

材料:
*酸っぱめの林檎(Granny Smithなら3個分)削ったもの、1.3カップ
注)チーズ用など目の粗いおろし金でする。
*砂糖(白でも黒でも)、0.8カップ

*クランベリー/葡萄/サクランボ/カーラント/レーズンなど、
冷凍/生/ドライフルーツを5mm角程度に切る、0.6カップ
*ニンジン 同様に削ったもの、0.6カップ
*クルミ/ピーカンなどナッツ類、荒く切る、0.6カップ

*中力粉(plain flour)、1.6カップ
*ベーキングパウダー、大匙0.6
*重曹(soda)、小匙1.3
*塩、小匙0.3
*シナモンパウダー、小匙山盛り2 [元レシピの倍量]

*卵、1.3個分
*油(カノーラ/オリーブなど)、0.3カップ

作り方:
1)大きなボールに、林檎と砂糖を入れ混ぜる。
2)クランベリー(または他の果物)、ニンジン、ナッツを加え混ぜる。
3)粉類全部を合わせ、ボールに混ぜ入れる。
4)卵と油を別に混ぜておき、ボールに加える。
5)ベーキングトレイに薄く油を引くか、マフィン用のケースを敷き、生地を
スプーンですくい入れる。
6)190℃のオーブンで20−25分焼く。

コメント:
果物は元レシピでは冷凍か生のクランベリーとあるのですが、季節により
手に入らない為、上記の代用果物を試してみたことがありますが、全て
大変美味しくできあがりました。

シナモンを倍量にすると美味しさがアップすると思います。
[PR]
by Lorikeets | 2012-05-10 17:48 | デザート

クリスマスケーキ完成

クリスマスケーキが完成した。レシピは11月の投稿にて紹介済み。
a0159885_20131112.jpg


プディングとは違って、ケーキなので焼くのですがとて〜も とて〜も
酒が効いている。私の好みだが、でも我が家でこれを好んで食べる
のは私一人という結果に。。。

やっぱり毎年焼こうと思うわけです。
[PR]
by lorikeets | 2011-12-26 20:17 | デザート
クエは東南アジアなどで人気のあるおやつです。
クエについての詳細はこちら

a0159885_14305517.jpg

今日は料理の得意な義姉から教えてもらった、カボチャのクエをご紹介します。
ちなみに、店ではこのようなクエは見たことがありませんが、プディングの
ようで美味しいですよ。

材料:

*カボチャ 600g
*ココナツミルク 1カップ=250ml
*バター 50g
*砂糖 250g (とありますが、私は180〜200gくらい使用します)
*卵 4つ
*小麦粉 plain flour 60g
*カスタードパウダー 大匙2
*塩 小匙1/2

作り方:

1)かぼちゃの皮をむき、適当に切り 蒸す。プロセサーでつぶし
ココナツミルクも入れる。

2)バターと砂糖をすりまぜ、卵を1つずつ入れ、そのつどよく混ぜる。
さきほどのカボチャペーストを加える。

3)小麦粉、カスタードパウダー、塩も入れて混ぜる。

4)スプリングフォームのケーキ型などに流し入れ 蒸し器で45分または
さしたナイフに生地がついてこなくなるまで 中火〜強火で蒸す。

5)さらに180℃のオーブンで20分焼くと、香りがよくなり
保ちがよくなります。これは好みによって省いてもよい。
型の中で冷めるまで待ち、取り出す。

***こつ***
蒸し器を熱々にしてから、型に生地を流し入れ、すぐさま 蒸し器に入れることを
お勧めします。生地が柔らかいので、下から生地が流れ出てくることがあり。

ですが、やはりスプリングフォームをお勧めするのは、できあがったときに
柔らかい状態ですので、取り出すときに形が崩れにくいからです。
[PR]
by lorikeets | 2011-12-21 14:51 | デザート
NYDC とは、New York Dessert Cafeの略でシンガポールに今では
何店舗もあるカフェです。

90年代半ばに ホーランドヴィレッジという
外国人がたむろしている町に一号店を 地元民の夫とその家族と
開店したのはアメリカ人の女性だったそうです。

シンガポール人は料理を基本的にしないので、新聞にもレシピなど
載っていることはまず珍しいのですが、その女性オーナーさんが
アメリカの自分の家族から引き継いだクリスマスケーキのレシピを
開店の記事と共に掲載してくれたのです。

その黄色くなった新聞の切れ端を後生大事に保管し、何年もクリスマスに
焼いているのが私です。。。お酒が効いてておいしいですよ。

今年の分できたら写真を追加掲載いたします。

材料(アメリカの単位からメトリックに換算済み)
*卵(L)、5個
*バター、230g
*砂糖、240ml (1 Ozカップ弱)
*小麦粉 plain flour、480ml (2 Ozカップ弱)
*ベーキングパウダー、小匙1
*刻んだピーカンナッツ、1,440ml(6 Ozカップ弱)
*バニラエクストラクト、大匙1
*レモンエクストラクト、大匙1
*ナツメグ、少々

ドライフルーツ[以下か好みのフルーツをブランデーにつけておく]
*レーズン、240ml(1 Ozカップ弱)
*砂糖漬けチェリー candied cherry、450g
*砂糖漬けパイナップル、450g

作り方
ドライフルーツとナッツを大きければきざみ、小麦粉をまぶしておく。

バターをクリーム状にし、砂糖をいれ 電動ミキサーの中のスピードで混ぜる。

卵を1つ加えるたびによく混ぜる。

小麦粉とベーキングパウダーも入れる。

エクストラクト と ナツメグも入れる。

最後にドライフルーツとナッツを入れよく混ぜる。

直径18cmくらいの丸型、またはパウンドケーキ型2つに紙を敷き
生地を流し入れる。

冷たいオーブンに入れ、温度を120℃に設定する。3時間焼く。

出来上がりの頃には端の方がしずんだようになってきます。

***注***
ドライフルーツをブランデーにつけておく時期は10月くらいが
いいと思いますが、時間がない方は1週間くらいでもよいかと思います。
[PR]
by lorikeets | 2011-11-23 22:06 | デザート
題名の通りの材料を使い、レモンアイシングを乗せたクッキーです。
a0159885_22171839.jpg


材料:
無塩バター、250g 室温に戻す
砂糖、1 cup = 250ml
小麦粉 plain flour, 2 cups = 500ml
コーンスターチ、1/3 cup = 85ml
カルダモン粉、小さじ1 [私は全カルダモンをすり鉢でつぶし、好みで倍量を使用]
ピスタチオ、1/3 cup = 85ml 細かく砕く

アイシング - - -
粉糖 icing mixture、1 cup = 250ml ふるいに掛ける
無塩バター、大さじ1弱 = 10g
レモン汁、小さじ2 [私は好みで倍量を使用]
サフラン、少々 [あれば]

作り方:
1)無塩バターと砂糖を電動ミキサーで白っぽくなるまで混ぜる。

2)小麦粉、コーンスターチ、カルダモンを入れ、さらに混ぜる。
ピスタチオも加える。

3)生地を丸め オーブントレーの上に3cm間隔で並べる。

4)160℃のオーブンで15分または端が少し色づくまで焼く。
トレーの上で5分休ませてから、網に移し冷ます。

5)アイシング - - - 材料すべてをボールに入れ、湯せんに掛ける。
滑らかになるまで混ぜ、絞り出しなどで出来上がったクッキーの上に
乗せる。 
***写真は少し冷ましたアイシングを丸めて上に乗せました。

アイシングが完全に固まってから(人に)出すように。結構スパイスが
効いているので好みが別れるクッキーかな、と思うのですが。。。
クリスマスが近いので、生地をベーキングシート2枚の間で伸ばし、
星形で抜いてみました。

バタークッキーは美味しいですが、焼いた跡のベーキングシートにも
油が残っている。どうりで美味しいはずですね。

クッキー、煎餅、ナッツなどを大量に用意する旧正月に向け、これから
年末にかけて 種類、味が違うスナックの研究に入りたいと思います。
[PR]
by lorikeets | 2011-11-15 22:45 | デザート
タンユェン(湯圓)は、白玉団子が文字通り湯(スープ)の中に入ってくる。
具は色々あって、あんこ、ピーナツ、ごま等。

丸い形が家族の再会を象徴するとかで、冬至(12月22日)や
小正月(旧1月15日)に食べるそうです。

でも今ではアジア食品店の冷凍庫に年中置いてありますが、
手作りの団子は 格段においしいです。
a0159885_16185998.jpg

a0159885_16195533.jpg


もとレシピはこちら

材料(作りやすい分量):

白玉粉 glutinous rice flour、200g
バター、80g
黒ごま、80g
砂糖、100g
酒、小匙1 [省略可]

作り方:

1)黒ごまをスパイス用グラインダーやすりこぎなどを使い粉にする。
小鍋に入れ砂糖、バターも加え 中火でなめらかになるまですり混ぜる。
***注意*** 熱しすぎないこと。

2)鍋ごと冷蔵(凍)庫に入れ、少し固くなるまで待つ。ごまを直径
2cmくらいの団子状に丸め、重ねないように並べ、冷蔵(凍)庫にもどす。

3)白玉粉に水を少しずつ入れこねる。手につかない程度の固さになったら
直径3cm弱の団子にまるめる。指で平べたくのばし、冷蔵庫から出した
ごまを乗せる。ごまを包むように口を閉じたら 両手で丸め奇麗なだんごにする。

***注意*** 具のごまがある程度固くないとかなり包みづらいので、
面倒でも冷蔵することをお勧めします。

4)大きななべに湯を沸かし、団子を茹でる。上に浮いてきたらできあがり。

だんごの形までできたら それを重ならないように容器に入れ冷凍保存も可能。
茹でる時は解凍しないで、そのまま湯に入れて下さい。

食べる時に好みで きな粉をふってみたり、湯にすこしショウガ味をつけ
スープの様にしてもよい。
[PR]
by lorikeets | 2011-11-15 16:24 | デザート
a0159885_158454.jpg


友人の小3になる娘さんが1から10まで 自分でこのレシピを見て 
作ったというケーキです。日本語訳です。
レモンの皮を使うので、庭から採れたものがある時などに
試してみてはどうでしょうか。

材料:
* バター 125g、室温にもどす。
* グラニュー糖 250ml
* レモン果汁と皮のすりおろし、1個分(私はレモンが好きなので倍量)
* 卵 2個
* ベーキングパウダー入り小麦粉、self raising flour 250ml
* サワークリーム 125ml
* 粉砂糖 仕上げ用 適量

作り方:
1)バターをクリーム状にする。
2)砂糖をすこしずつ加える。
3)レモンの皮を入れる。
4)卵を1つずつ入れ、そのつどよくかき混ぜる。
5)小麦粉、サワークリーム、果汁を交互に入れていく。
6)160℃で35−40分焼く。
7)冷めてから 上に粉砂糖をふりかける。
[PR]
by Lorikeets | 2011-09-01 15:15 | デザート
マルグレーブ ファーマーズ マーケットの カップケーキコンテスト用のレシピ
冷めても ふくらんだケーキが へこまない!!!
a0159885_17215713.jpg


材料(24個分):

牛乳 250ml (1 cup)
砂糖 500ml (2 cups)
ベーキングパウダー入り小麦粉 self raising flour 750ml (3 cups)
卵 4個
バニラエッセンス 小匙1
溶かしバター 大匙5 (70g)

カップケーキ用 紙ケース 24個

作り方:

1) 材料をボールに入れる、この時 溶かしバターは最後に加える。
2) 電動ミキサーで3分〜5分混ぜる。
3) カップケーキ/マフィン型に紙ケースを敷き、生地を等分にすくい入れる。
4) 200度のオーブンで 12〜15分 焼く。
5) 完全に冷めてから好みのフロスティングをつけてもよい。

注釈:

*生地を混ぜる時間を省かない。

*カップケーキ/マフィン型は平べたく大きいので、5、6分焼いたら前後を入れ替えると均等に焼けると思います。ご自分のオーブンの癖で調節して下さい。

*冷凍保存に向くそうです(私は試した事がない)。
[PR]
by Lorikeets | 2011-07-20 17:33 | デザート