レシピ紹介と庭の花の写真など、載せてます。


by Lorikeets
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

マレー風どぶろく Tuak

今日の酒造り、2つ目は 東マレーシアの伝統家庭醸造酒 トゥアック。

日本でどぶろくを作っていた訳ではありません!
インドネシアの伝統おやつ、日本の甘酒味がする”タパイ”が好きで、
甘酒も好きだけど手に入りづらいから、タパイを作ろうと
ある日思い立った。

いろいろの検索結果、無い材料はインドネシア風イーストだけと判明。
ある日アジアングローサーでこんなものを ついに見つけた。
a0159885_20322978.jpg


イーストは発酵食品なのに、タパイ完成予定の2、3日後というのを
大幅にすぎてしまい失敗かと思いきや そのまま続ければ
お酒になると さらなる調べで分かったのです。

出来は米(こめ)文化で育った者の口にはとても合うだろう、と。
上々の上がりでしたよ。

早速作り方を紹介。今回2回目は量を増やし2kg(1升4合)の米を使用。

餅米 2kg
イースト(ragi) 3片 (写真参照のこと)

(1)米を炊き、冷ます。
(2)イーストをすり鉢などで砕き、粉状にする。
(3)イーストを米の上に均等に振りかけ、しゃもじで混ぜる。
(4)入れ物にいれ、ふたをする(密封でなくてよい)

2週間待つ。

次回までに白砂糖2kgを用意しておく。
a0159885_20404136.jpg


写真の風車は旧正月のお飾りです。
2週間後に砂糖を投入、さらに6週間、プラス1週間の待機が必要です。

今回は友人SさんとNさんの勧めで、いわゆる酒粕も捨てないで
料理その他に使ってみる予定です。
[PR]
by Lorikeets | 2011-01-30 20:59 | お酒

果実酒作りー柑橘系

果実酒づくり3回目。本日は友人と一緒につくりましたので、分量など
記録したいと思います。

ウォッカ Vodka 700ml
レモン/ライム 400g
氷砂糖 Rock Sugar 400g
広口瓶 *Food Storage Canister、ガラス製、ねじり締の蓋
口直径11cm、高さ21cmを Safewayで 7㌦で購入。

(1)レモン/ライムの皮をピーラー等で剥き取っておく。
果肉の白い部分はできるだけ切り捨てる。

(2)実を適当に切り、レモン8割、ライム2割くらい
で皮もちょっと入れ 合計400gになるように準備する。

(3)氷砂糖を広口瓶に入れ、果物を入れ、最後にお酒を注ぐ。

(4)5日から7日後に果物の皮を取り出すまで 待つ。

a0159885_20224236.jpg


氷砂糖はじょじょに溶けてゆくので
たまに瓶を持って 揺すってまぜるといいと思います。

友人のNさんは なんと レモン/ポメロという 斬新的で
美味しそうなミックスをこさえていました。

今回私はライムを使用しましたが、前回2回はレモン8割
グレープフルーツ2割で漬けたのです。それもとてもおいしいです。

ライムの味がでるか?ポメロは一体どうでてくるのか?
味見はまだもうちょっと先ですが、楽しみ〜!! 

とりあえず1週間。
[PR]
by Lorikeets | 2011-01-30 20:14 | お酒

ニゲラ の変貌

二ゲラ、花が終わった今、このとげとげしい有様。
いったい どうしたことでしょうか。。。
a0159885_10392970.jpg


これをドライフラワーにするといいと なにかで読んだが
これをですか。。。

私は種の収穫を待つのみです。アゲハチョウがさなぎに逆もどりしたみたい。

西洋朝顔が咲き始めています。花は大輪で日によって、青の濃さが変るのです。花も夕方まで咲いていて すがすがしい。
a0159885_10441652.jpg


ここで気がつきましたが、朝鮮朝顔(ルコウそう)が無い?蕾みを見ても
赤なんてない。どこへ行ってしまったやら。。。
[PR]
by Lorikeets | 2011-01-27 10:48 | 家庭菜園 Garden
9月に帰国したときに初めて フウセンカズラという植物に遭遇しました。
生け花をする伯母の家では 花瓶にいけてあったのです。
a0159885_17372759.jpg

英語では、Balloon Vine.
言葉どおり本当に風船と蔓がある植物だと分かった。

朝顔に混ぜて植えているのですが、つるというより細いひげ先で
くっつくように支柱につかまり伸びて行く。

そのため、朝顔用の竹の棒では太すぎてつかまれない。
すぐよこの朝顔のツルを頼ったり、凧糸を張った所に好んで
進んで行くようです。

ツルもので緑のカーテンを作るときなど、ゴーヤなども混ぜて
植えたりするようですが、フーセンカズラもいいですよ。

葉っぱの形ーーーぎざぎざで、朝顔より虫が
付きづらいように思います。

種ーーーころっとした丸形でさるの顔に似ているという形容を
日本ではつかうそうです。(黒地に白のハート形)

初めての植物は成長の一部始終が新鮮です。フーセンカズラ初心者 
他にもいませんか? 育ててみません?
[PR]
by lorikeets | 2011-01-19 17:52 | 家庭菜園 Garden
夏といえば 朝顔とひまわり ではないか。
今年は、朝顔3種類植えましたが、その第一弾開花。

初めて 行灯仕立て というのをやってみた。10cm角格子ワイヤーを
丸めて植木鉢に挿してつくりました。
a0159885_14163192.jpg



a0159885_14174031.jpg


これは日本の朝顔で、まさに朝の顔。昼過ぎには花が終わっています。
のちに咲くはずの西洋朝顔は一日花が楽しめるので楽しみです。あと、
1種類はルコウそう、赤色の花。

ひまわりは 赤色で、枝分かれするタイプが先に開花。
色に微妙に違いがあって美しい。
a0159885_1427207.jpg



a0159885_1438192.jpg


これは切り花にしても数も多いし 持ちがよいらしいので
試してみたいです。
[PR]
by Lorikeets | 2011-01-12 14:44 | 家庭菜園 Garden
なんだかわからなくなっていた花の種だけど 
10月にまいてみた。
a0159885_15135968.jpg



a0159885_15154977.jpg


花が咲いて可憐なかんじ〜。えっ、でもこの花は前から
注目していた Love in a Mist では。。。

早速 画像検索を掛けてみたら 大当たり。今回の名前当ては
簡単でした。日本語では、『ニゲラ』、または種が黒いから
『クロタネソウ』 ともいうそうです。知らなかった。

花を見るときは花びらの色や形にばかり 目がいって
しまうので、芽からつぼみまでの段階では、茎や葉の形しか
見えないため、花の種類の判断がつきづらい。

今回のニゲラも 葉っぱは まるで

『にんじんみたい』

とコメントももらっていました。なるほど。

最後に特筆すべきは、日本では種を秋まき(9、10月)
開花が4月から6月となっています。
でも北海道では冬越しが無理なので春蒔きとあります。

私は10月にまき、1月に開花。ということはたったの
3ヶ月強で咲いたことに(寒冷地仕様)。
なんか得した気分。

種が採取できたら秋まきも試してみようと思います。
[PR]
by Lorikeets | 2011-01-10 15:19 | 家庭菜園 Garden
オーストラリアの方から黒豆レシピを聞かれたのは2回目。人気なのね。

Ingredient:
•Black beans1 packet (375g)
•White sugar375g
•Japanese soy sauce (Kikkoman)5 table spoon
•Baking soda½ tea spoon
•Salt½ tea spoon
•Rusty nails (if any) washed and doubly
wrapped with clean cloth5 or 6

Method:
1.Wash the black bean and drain water.

2.In a large pot, add in 1ℓ water, sugar, soy sauce, baking soda and salt. Bring to boil and stop fire. Add in the black bean and soak over night.

3.If you are using the nail, add in to the pot now.

4.Bring to boil then lower the fire. Skim off the scum.

5.Use some aluminum foil to cover the beans inside the pot. Keep low fire and cook for about 2-3 hours.

6.Remove the nails and leave it overnight.

Note:
•Always keep the water level 2-3cm above the bean (add water)
•The bean should be soft enough to squish between your fingers
•Keep in air-tight container in fridge. Re-heat after 3rd and 5th day. It’ll keep for one week.
[PR]
by Lorikeets | 2011-01-07 12:17 | 日本食
三が日も過ぎ、日本よりお正月気分の抜けるのがはやい 
オーストラリアの正月。

お節をさんざん作ってもう重箱も片付けた今日
夫から質問が来た。

『今年のお節には何故フライドチキンがなかったの?』

えっ、フライドチキン毎年作ってたっけ? どうやらそうらしい
お節料理だとおもわれていたらしい。。。
一応揚げ物ですけど、子供用に作ってただけです。

それから、今年はすご〜い張り切って、きんとんの栗を
手作り保存したものを使用して ほぼはじめて 栗きんとん 
ができました。例年はかわりきんとんで、
パイナップルだったのです。

そしたら 『パイナップルの方がおいしい』との訴えがきました。
来年からはパイナップルに舞い戻ろうか?考えどころ。

それから黒豆は北海道産の黒豆が手に入り、遺伝子組み換えじゃない
豆だったので、3、4粒残しておいて、庭にまいてみようと
思っていたら すっかり忘れてました。

あ〜疲れたけど新年になった気分です。

今年の抱負リスト:

ーマラソン再開
ー保存食 研究実行(引き続き味噌、酒類、など)
ーDelicious Gardensお手伝い
ー絵再開
[PR]
by Lorikeets | 2011-01-06 20:03