レシピ紹介と庭の花の写真など、載せてます。


by Lorikeets
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

NYDC とは、New York Dessert Cafeの略でシンガポールに今では
何店舗もあるカフェです。

90年代半ばに ホーランドヴィレッジという
外国人がたむろしている町に一号店を 地元民の夫とその家族と
開店したのはアメリカ人の女性だったそうです。

シンガポール人は料理を基本的にしないので、新聞にもレシピなど
載っていることはまず珍しいのですが、その女性オーナーさんが
アメリカの自分の家族から引き継いだクリスマスケーキのレシピを
開店の記事と共に掲載してくれたのです。

その黄色くなった新聞の切れ端を後生大事に保管し、何年もクリスマスに
焼いているのが私です。。。お酒が効いてておいしいですよ。

今年の分できたら写真を追加掲載いたします。

材料(アメリカの単位からメトリックに換算済み)
*卵(L)、5個
*バター、230g
*砂糖、240ml (1 Ozカップ弱)
*小麦粉 plain flour、480ml (2 Ozカップ弱)
*ベーキングパウダー、小匙1
*刻んだピーカンナッツ、1,440ml(6 Ozカップ弱)
*バニラエクストラクト、大匙1
*レモンエクストラクト、大匙1
*ナツメグ、少々

ドライフルーツ[以下か好みのフルーツをブランデーにつけておく]
*レーズン、240ml(1 Ozカップ弱)
*砂糖漬けチェリー candied cherry、450g
*砂糖漬けパイナップル、450g

作り方
ドライフルーツとナッツを大きければきざみ、小麦粉をまぶしておく。

バターをクリーム状にし、砂糖をいれ 電動ミキサーの中のスピードで混ぜる。

卵を1つ加えるたびによく混ぜる。

小麦粉とベーキングパウダーも入れる。

エクストラクト と ナツメグも入れる。

最後にドライフルーツとナッツを入れよく混ぜる。

直径18cmくらいの丸型、またはパウンドケーキ型2つに紙を敷き
生地を流し入れる。

冷たいオーブンに入れ、温度を120℃に設定する。3時間焼く。

出来上がりの頃には端の方がしずんだようになってきます。

***注***
ドライフルーツをブランデーにつけておく時期は10月くらいが
いいと思いますが、時間がない方は1週間くらいでもよいかと思います。
[PR]
by lorikeets | 2011-11-23 22:06 | デザート

ピンクの花たち

私はピンク系の色も花も 好きではなかったはず。が、庭に今あふれている色が
ピンクなのです。こう揃うとまた、悪くないな〜見直した。

ゼラニウム:挿し木後 初シーズンの開花
a0159885_19591628.jpg


八重咲きストック:秋蒔きの種から春に開花
a0159885_2002094.jpg


パンドレア:挿し木後2シーズン目、花数が倍増している
a0159885_2013365.jpg


カーネーション:秋蒔きの種から春に開花 このシーズン初トライの花
a0159885_2024649.jpg


バラ:挿し木後 初シーズンの開花 この株は大輪が1つのみ咲いた
a0159885_205302.jpg


トリトニア:秋植え球根 初シーズンの開花 掘る上げ不必要だそうだ
a0159885_4565739.jpg


あじさい:地植えにしてはじめての開花 色は青いはずが土の性質でこの色に。。。
a0159885_4584260.jpg

[PR]
by lorikeets | 2011-11-19 20:07 | 家庭菜園 Garden
題名の通りの材料を使い、レモンアイシングを乗せたクッキーです。
a0159885_22171839.jpg


材料:
無塩バター、250g 室温に戻す
砂糖、1 cup = 250ml
小麦粉 plain flour, 2 cups = 500ml
コーンスターチ、1/3 cup = 85ml
カルダモン粉、小さじ1 [私は全カルダモンをすり鉢でつぶし、好みで倍量を使用]
ピスタチオ、1/3 cup = 85ml 細かく砕く

アイシング - - -
粉糖 icing mixture、1 cup = 250ml ふるいに掛ける
無塩バター、大さじ1弱 = 10g
レモン汁、小さじ2 [私は好みで倍量を使用]
サフラン、少々 [あれば]

作り方:
1)無塩バターと砂糖を電動ミキサーで白っぽくなるまで混ぜる。

2)小麦粉、コーンスターチ、カルダモンを入れ、さらに混ぜる。
ピスタチオも加える。

3)生地を丸め オーブントレーの上に3cm間隔で並べる。

4)160℃のオーブンで15分または端が少し色づくまで焼く。
トレーの上で5分休ませてから、網に移し冷ます。

5)アイシング - - - 材料すべてをボールに入れ、湯せんに掛ける。
滑らかになるまで混ぜ、絞り出しなどで出来上がったクッキーの上に
乗せる。 
***写真は少し冷ましたアイシングを丸めて上に乗せました。

アイシングが完全に固まってから(人に)出すように。結構スパイスが
効いているので好みが別れるクッキーかな、と思うのですが。。。
クリスマスが近いので、生地をベーキングシート2枚の間で伸ばし、
星形で抜いてみました。

バタークッキーは美味しいですが、焼いた跡のベーキングシートにも
油が残っている。どうりで美味しいはずですね。

クッキー、煎餅、ナッツなどを大量に用意する旧正月に向け、これから
年末にかけて 種類、味が違うスナックの研究に入りたいと思います。
[PR]
by lorikeets | 2011-11-15 22:45 | デザート
タンユェン(湯圓)は、白玉団子が文字通り湯(スープ)の中に入ってくる。
具は色々あって、あんこ、ピーナツ、ごま等。

丸い形が家族の再会を象徴するとかで、冬至(12月22日)や
小正月(旧1月15日)に食べるそうです。

でも今ではアジア食品店の冷凍庫に年中置いてありますが、
手作りの団子は 格段においしいです。
a0159885_16185998.jpg

a0159885_16195533.jpg


もとレシピはこちら

材料(作りやすい分量):

白玉粉 glutinous rice flour、200g
バター、80g
黒ごま、80g
砂糖、100g
酒、小匙1 [省略可]

作り方:

1)黒ごまをスパイス用グラインダーやすりこぎなどを使い粉にする。
小鍋に入れ砂糖、バターも加え 中火でなめらかになるまですり混ぜる。
***注意*** 熱しすぎないこと。

2)鍋ごと冷蔵(凍)庫に入れ、少し固くなるまで待つ。ごまを直径
2cmくらいの団子状に丸め、重ねないように並べ、冷蔵(凍)庫にもどす。

3)白玉粉に水を少しずつ入れこねる。手につかない程度の固さになったら
直径3cm弱の団子にまるめる。指で平べたくのばし、冷蔵庫から出した
ごまを乗せる。ごまを包むように口を閉じたら 両手で丸め奇麗なだんごにする。

***注意*** 具のごまがある程度固くないとかなり包みづらいので、
面倒でも冷蔵することをお勧めします。

4)大きななべに湯を沸かし、団子を茹でる。上に浮いてきたらできあがり。

だんごの形までできたら それを重ならないように容器に入れ冷凍保存も可能。
茹でる時は解凍しないで、そのまま湯に入れて下さい。

食べる時に好みで きな粉をふってみたり、湯にすこしショウガ味をつけ
スープの様にしてもよい。
[PR]
by lorikeets | 2011-11-15 16:24 | デザート

ピンクの薔薇 - 1年後

挿し穂からスタートした うちのピンクの薔薇。
元大家さんのうちにある親株の大きさには
及ぶわけもないのだが、このシーズンに急成長を
している。
a0159885_2053885.jpg



a0159885_2071031.jpg


昨年はつぼみがいくつか出来たものの、鳥に食べられるという被害のため
見られた花は1つのみでした。

昨年の薔薇の写真

今年はつぼみが無数についています!

*3本挿し枝をしたのですが、その中には、初めはとげのある普通の薔薇の枝
だったのに根がついた後に伸びて来た茎と葉にはとげが(少)ない
いわゆる吸根のような姿になってしまった 枝がいる。
でも、そのとげなしの枝にもつぼみがついているのです。
生命力強し。
[PR]
by Lorikeets | 2011-11-06 20:21 | 家庭菜園 Garden