レシピ紹介と庭の花の写真など、載せてます。


by Lorikeets
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

マレーシアの果物

マレーシアは熱帯雨林地方で農地も広いためか、たくさんの
種類の果物が作られています。

写真はここ

一年中ほとんどの(トロピカル)フルーツが旬なわけで、普段
果物を食べる回数や量が一般的に多いと思うのですが、健康的で
いいですよね。
日本を離れて時にムショーに食べたくなる:

葡萄(巨峰)



などの果物と同じように、最近では私、東南アジアの果物が恋しくなります。
ずばりそれは、、、パイナップル! 

はずれがほとんどなく、酸っぱさがミジンもない ジューシーさ。

オーストラリアではトロピカルフルーツは缶詰めが出回っていますが
先月またマレーシアに行くことが出来て満喫して来ました。

ドリアンも勧められるがままに 食べましたが いつ食べても美味しいですね。
プラサンという赤いイガイガの果物は今回 初挑戦だったのです。
知らない果物がまだあったとは!
[PR]
# by lorikeets | 2012-02-06 21:36

旧正月

1月23日は旧元旦でしたので、マレーシアの義家族の元に里帰り10日間
(前後にシンガポールも10日間)の旅でした。

写真を見てみたい方は こちらのアルバムを是非どうぞ

日本は記録によると改暦(太陰から太陽)がどうやら明治4、5年くらい
には行われたらしいのですが、明治末期生まれの私の祖母が住んでいた
日本一田舎(と思う)の某県では、しばらく引き続き旧暦正月で
お祝いしていたそうです。

なので、私が小さい時、正月に祖母がいると旧元旦には神棚にお供え物を
していたものです。よって旧でお正月を祝うことには違和感が
無い私ですが、中国系の正月はなんといっても長い!

私たちが義家族のもとを去ったのは第8日目でしたが、小正月(15日目)
まではライオンダンス(獅子舞)も続けば、親戚回りも続行、お年玉もあげ、
15日目はまた家族で正月の締めくくりをお祝いする習慣も残っています。

ちなみに今年初めて知ったのですが、日本でも七草粥を食べる
7日目は肉食を避ける日で、義母も7種類の野菜を煮た料理
を作りました。 そしてこの日に 皆が1つ歳をとるのだ
そうです(数え年)。

クリスマス、日本の正月、旧正月と長々続いた我が家のお祝い/
休みムードもやっと2月6日(小正月)にて 静まることになります。

今年も無事に健康に暮らせますように(これに尽きる)。
[PR]
# by lorikeets | 2012-02-04 21:52

箸入れ

お正月用にこんなの作ってみました。
a0159885_21182018.jpg


左から、パンドレアx2、キュウリ、矢車菊、キュウリ です。

正月の季節感が無いのは、家の庭に現在ある植物が
モチーフだからです。水彩絵の具 20.5 x 5cm
[PR]
# by lorikeets | 2012-01-09 21:07

変りきんとん 

メルボルンの年明けはこのシーズン一番の暑さになりました。
本日も最高38℃、湿度24パーセントという記録です。

それでも正月だと思えば、お節もやはりつくります。
我が家のきんとんは『栗』ではなく『パイナップル』が定番です。
a0159885_20474583.jpg

海外では栗の甘露煮が手に入らないか高値すぎるためというのが
主な理由ですが、レシピは20年以上も前ですが 日本のものです。

更に今年は久しぶりに新メニューに挑戦!『林檎』きんとんも やってみました。

子供にも人気がありデザート感覚で楽しめ、オーストラリアや
熱帯地方など正月が暑い国では、冷やして食べてもおいしいですよ。

材料:
*サツマイモ 400〜450g
*砂糖 150g
*缶パイナップル シロップ漬け 輪切りのもの 6〜8枚
*缶パイナップルのシロップ 半カップ程度
*バター 大匙1半

作り方:
1)サツマイモを厚さ2cmの輪切りにし、皮を厚めに剥き
水に30分から1時間さらす。

2)サツマイモを水から大きな鍋で煮る。竹串で刺せるやわらかさまで。

3)砂糖の2/3量を水切りをしたサツマイモにまぶし、熱いうちに裏ごしする。
フードプロセサーを使用してもよい。

4)鍋に残りの砂糖、パイナップルの缶汁を入れ弱火にかける。木べらで
鍋底をこすった時に底が見えるくらいの堅さまで練る。

5)1枚を8等分したパイナップルとバターを入れ、さっと混ぜ仕上げる。
パイナップルのシロップの量であんの堅さと甘さを調節する。

林檎きんとんの作り方:

*林檎の甘煮を作る。
皮と芯を取りのぞき、くし切りした林檎に砂糖(正味重量の40%程)をふりかけ
煮汁がなくなるまで鍋で煮る。

*パイナップルきんとんの作り方(4)で、パイナップルを
林檎に差し替えてつくる。甘煮の煮汁が缶汁の代わりになり、ちょうどよい
かたさになると思います。

*かたすぎる場合、ライスシロップ、オリゴ糖、メイプルシロップなど、
他のシロップを足すとよい。

*最後に塩少々を加えると味がしまる。
[PR]
# by lorikeets | 2012-01-02 21:07 | 日本食

フヨウ

友人のSさんが 白い花の種ミックス(何かはわからない)をくれたのは
数ヶ月前。春になって早速植え、今朝咲きました!

a0159885_182482.jpg


純白は透き通るかのようで、ねじり巻きのつぼみ姿から2日待ち、大輪が
開いた真ん中はハイビスカスのようなめしべ。

でも私の知っているムクゲに似てるぞ、と思い検索。しかし、ムクゲの
葉は3つに別れるというのに、こちらはぎざぎざ。

さらなる検索の結果、これはフヨウ という花だと判定(多分)。

フヨウ:Confederate Rose 植物名:Hibiscus mutabilis

私は多分この手の花が好きなのだろう。ハイビスカス、フヨウ、ムクゲ、
コケコッコー花(タチアオイ) 全部 アオイ科に属するそうだ。

どうやら多年草らしいので、大きく育ててみたいと思います。
知らない花というのは、いくらでも あるのだな〜。
[PR]
# by lorikeets | 2011-12-27 18:41 | 家庭菜園 Garden